Google Apps For Work の料金プラン、日本ソフテック独自のサービスについて料金及び導入までの流れを掲載しています

基本サービス

プラン 1ユーザアカウントあたりの
月額料金 (税抜き)
内容
年間契約プラン 500円 決まった数のアカウントを、1ユーザーアカウントあたり年間6,000円(税抜き)の割安料金でご利用いただくことができ、契約期間中に月ごとに請求が行われます。
いつでもユーザーを追加でき、契約の残存期間に応じて料金が請求されます。
一度購入したユーザーアカウント(ライセンス)は1年間削除できません。
フレキシブルプラン 600円 いつでもユーザーアカウント(ライセンス)を追加、削除できます。
料金は1ユーザーアカウントあたり月額600円です。
毎月月末に、その月に使用したユーザー数に応じて請求が行われます。

ご利用サポート

プラン 月額料金 内容
電話サポートプラン 無料 ご利用方法に関することは、基本的にGoogle Appsのヘルプを参照していただき、
不明な点はGoogle Appsのサポート窓口へお問い合わせいただきます。
ただし、緊急のご質問や、ご利用に関するご相談は、ご契約アカウント数×5分
(ただし30分を下回る場合は30分) を上限として、電話またはメールでのサポートを行います。
また、窓口となる貴社担当者は1名、サポート対応時間は
当社の定める営業日の9:00~17:00の範囲とさせていただきます。
※サポートに必要な範囲で、貴社の設定内容をリモートで見させていただくことがあります。
密着サポートプラン 別途お見積り ユーザ各位からの直接質問受け付けや、アカウント管理のアウトソージングなど、
貴社のご要望に合わせたサポートも可能です。
料金につきましては、内容に合わせて別途お見積りとさせていただきます。

初期導入支援

プラン 料金 (税抜き) 内容
電話サポートプラン 無料 当社で「導入の流れ」の1の作業を実施させていただき、
Google Appsアカウントをご購入いただくことが前提です。
「導入の流れ」の2以降の作業は貴社で実施していただき、
調査等を含めて24時間、期間は60日を上限に電話またはメールでのサポートを行います。
また、窓口となる貴社担当者は1名、サポート対応時間は当社の定める営業日の
9:00~17:00の範囲とさせていただきます。
※サポートに必要な範囲で、貴社の設定内容をリモートで見させていただくことがあります。
通常作業支援プラン 100,000円 電話サポートプランに加え、「導入の流れ」の2、3、6、7および5の一部
(サービスURL設定時のDNS設定) を当社にて実施いたします。
(3は指定するフォーマットに合わせたCSVファイルをご提供いただくことが前提です。
また、各設定を行うにあたり、設定シートにご記入いただくことが必要です)
その他につきましても、当社から適宜アドバイスをいたします。
ただしこのアドバイスは電話サポートプランの上限時間に含まれます。
密着作業支援プラン 300,000円
(+交通費 *1)
3回を上限として、当社技術者が貴社に伺い、相談を受けつつ一緒に画面を見ながら各設定を行います。
作業範囲は「導入の流れ」の8を除く全てとなります。
また、電話またはメールのサポート時間の上限は48時間となります。
データ移行プラン 別途お見積り 密着作業支援プランに加え、メールやサイトの移行を行います。
メールの形式、ユーザ数、サイト数、サイトの内容など様々な条件がありますので、
別途お見積りとさせていただきます。

*1 当社(所在地:富山県砺波市)から直線距離で50km以下は無料、それを超える場合は 1度の訪問につき超えた距離1kmあたり200円を交通費として加算いたします。

導入の流れ

No 内容
1 Google Appsにドメインを登録 Google Appsに貴社のドメインを登録すると同時に、管理者アカウントを追加します。これによってGoogle Appsにログインできるようになります。
ただしこの時点では登録されたドメインが貴社の所有物かどうかが確認されていないため、各種サービスはご利用いただけません。また、最長で30日間無料試用が可能ですので、登録時点から料金をお支払いいただく必要はありません。
※ドメインをお持ちでない場合は、Google Apps登録と同時に新規ドメインを購入することができます。
2 ドメインの所有権を確認する Google Appsに登録すると、ドメインの所有権を確認する方法が提示されます。方法はいくつかありますが、DNSのTXTレコードを追加することを推奨しています。
※その他、メタタグをWEBサイトに追加する、HTMLファイルをアップロードするといった方法があります。
3 ユーザーアカウントを登録する 利用するユーザーアカウントを登録します。
1件ごとに画面で登録することが可能ですが、CSVファイルからの一括登録も可能です。
4 利用するアプリケーションの追加および設定 コアアプリケーション (Gmail、カレンダー、Googleドライブ、Googleサイト) のセットアップ、その他の利用するアプリケーションの選択、それらの設定などを行います。
この設定は後からいつでも変更が可能です。
5 その他の設定 モバイルからのアクセス設定、Google Appsの拡張、サービスURL設定 (通常は”https://mail.google.com/a/yourdomain.co.jp”のところ
”https://mail.yourdomain.co.jp”という別名を付けることができます) などを必要に応じて行います。
6 メールシステムを移行するために、メールの転送設定を行う いきなりメールシステムをGoogle Appsに切り替えると、旧メールサーバーとGoogle Appsのどちらにメールが配信されたか分からない状態になります。
また、直前のメールを参照するにも旧メーラーを参照する必要が出てくるため、非常に非効率的です。
そのためしばらくの間はGoogle Appsで受信したメールを旧メールサーバーに転送してこれまで通りに業務を行うことができるように、メール転送設定を行います。
7 外部からのメールがGoogle Appsに配信されるように設定する DNSのMXレコードを変更して、外部からのメールがGoogle Appsに配信されるようにします。
ただし6の設定がされていますので、この時点でユーザはこれまで通り業務を続行できます。
8 Google Appsへの切り替え Google Appsへの切り替え日を設定し、その日からユーザにはGoogle Appsを利用していただきます。
メール転送設定は旧メールシステムが存続する限り残しておいても構いませんが、混乱を防ぐために切り替え時に設定を解除することをお勧めします。
導入に関するお問い合せはこちら!!